【キャッスレスで半年で8.4万円お得】還元率の高いクレジットカード【出費別に選ぶ】

家計簿

「ドレなのか?コレなのか?」
時短セレクターの木村 菜乃香(なのか)です。

キャッシュレス5%還元です。クレジットカードを見直しましょう。

オススメのクレジットカードは?

答え:自分のよく利用するお店が提携しているカードです。

また、3枚以上を所有することをお勧めします。

理由を解説していきます。

還元率の高いクレジットカード

結局、自分が良く利用しているショップの提携先カードが一番還元率難が高い。

還元率、ざっくりまとめ ※100円で1ポイント=還元率1%

  • 一般的:0.5%程度
  • 高還元率:1.0%程度
  • 特定の利用方法:2.0%程度

例えば、「楽天ショップ」での買い物は「楽天カード」が一番還元率が高い。他のカードだと1.0%程度だが、楽天カードでは2.0%程度の還元率。逆に他のショップで楽天カードを利用した時の還元率は1.0%です。

還元率の差、1.0%

1万円利用で、1.0%(100円)、専用カードだと2.0%(200円)。

月20万円利用、その差、年間2万4千円

たいしたことがないと思うならば、全ての支払いを1枚のクレジットカードで行えばよいです。ただ、複数枚持っていてもデメリットが少ないので、よく利用している店ごとにクレジットカードを所有してもいい。という提案をします。

現金との差はキャッシュレス還元5%+2%=7%とすると、
月20万円利用の月に1.4万、半年間で8.4万円の差が生まれます。
現金とクレジットカードとでは出費の際に生じるストレスに違いがあり、クレジットカード払いの方が余計な出費が増える傾向にありますので注意が必要です。

カードを複数枚持つ時のメリット・デメリット

決断が必要にならないようにする事と、家計簿アプリに連携できるかが重要なポイント。

メリット

  • 契約時に多くのポイントゲットできることがある
  • 常に高い還元率
  • ネットショップは1度設定すれば記録されるので入力の手間は初めだけ
  • 家計簿アプリを利用すれば管理は簡単
  • デメリット

  • 初期の契約が面倒
  • どのカードを使うんだっけ?と決断が面倒
  • 入力するのが手間
  • 家計簿アプリに連携できないと管理が面倒
  • オススメの保有枚数

    答え:3枚以上、複数枚所有しても問題ない。

    なぜなら、家計簿アプリと提携させれば楽にしっかり管理できるから。

    フリーランスが持っていた方が良い枚数

    答え:3枚
    理由:利用上限額を合わせて100万円程確保する為。
    (社会的信用度が低い=審査が通りにくい。利用上限額が低い。)
    上限額が100万円程あるともしもの時の安心感がある。

    海外旅行の際に持っていた方がいい枚数

    答え:3枚
    理由1:トラブルを想定すると1枚では危険です。突然海外で利用するので「不正利用の疑い」で一時停止することが多々あります。(カード会社に電話をすれば基本的には1日で復活します。)ATMからカードが出てこない、盗難紛失等のトラブルもあります。
    理由2:海外旅行保険が付いている。(2枚以上保有で期間延長できることがあります。)

    利用している店ごとにクレジットカードを所有する

    決断が必要にならないように、普段持ち歩くのは1枚、多くても2枚にしましょう。

    「このお店ではどのカードで決算するんだっけ?」といちいち決断が必要な状態はストレスになります。ほとんどのカードは家に保管してほったらかしでOK。「不正利用がないか」はチャックする必要がありますので、家計簿アプリに連結させておきましょう。

    (年会費/特定の利用時の還元率/通常の還元率)

    amazon → amazon mastercardクラシック(初年度無料/2%/1%)
    セブンイレブン → セブンカード・プラス(初年度無料/ヨーカドー5%offday・1%/0.5%)

    amazonユーザーならamazonカードは持っていていいですね、年1利用すれば翌年以降も年会費無料です。

    楽天ショップ →楽天カード(無料/2%/1%)
    Yahooショップ、LOHACO → YJ!カード(無料/3%/1%)
    ルミネカード → ルミネカードview-suica付(初年度無料/5%〜10%offday/0.5%)(Viweカード=JREポイント0.5、定期券1.5%)
    イオン → イオンカード(無料/5%offday・1%/0.5%)

    楽天カードとYJ!カードの還元率がいいですね。

    ソフトバンク → YJ!カード(paypayとの連動)
    au → au wallet(無料/加盟店最大15%/1%)
    docomo → dカード(無料/加盟店5%/1%)(ローソン)

    携帯料金のお支払いは通常の還元率のようです(!?)加盟店での利用時に還元率が高いですが、いちいち加盟店を気にするのは良くないので、気になる方は初めだけ加盟店を見て自分がよく使うお店が加入していたらいいかもしれません。通常利用の還元率が1%あるので良いと思いますが、加盟店に魅力がない場合は微妙かと感じました。

    車 → ENEOSカード・出光カード
    飛行機 → ANAカード・JALカード
    電車/バス → ビックカメラsuica(JREポイント1.5%、ビックカメラで10%)

    通常のsuicaではポイントが付かないので、suicaは付帯させて(Viweカード=JREポイント)がもらえる&オートチャージで手間を削減しましょう。車に関しては下記に別項目に記載。飛行機は今回の記事では深掘りしません。

    クレジットカードの選ぶ基準

    • 家計簿アプリと提携している
    • 年会費
    • 利便性(求める付帯)
    • ポイントの還元率
    • カードのブランド

    家計簿アプリと提携している。

    家計簿アプリ(マネーフォワードME)を利用すればお金の管理が簡単です。マネーフォワードMEについてはこちらをご覧ください。マネーフォワードMEの提携先カード一覧※2019.12現在、160種類、調べたものは全部提携していました。電子マネーはLine-payのみでした。

    年会費

    無料がいいですよね。または実質無料、年会費を払ってでもお得かどうか。

    利便性(付帯で選ぶ)

    suica、pasumo、Edy、ETC、Tカード、家族カード、海外旅行保険など。

    ポイントの還元率の高さ

    還元率は前述の通り、結局自分が利用するお店の提携カードが高還元です。他店利用時に1.0%以上なら高還元率と言えるようです。

    カードのブランド

    JCBとVISAは持っていたいです。DinersClabやAMERICAN EXPRESSは海外で使えない場合が多いです。

    出費別に見るクレジットカードの利用

    1.0%以上の還元率のカードでお支払いしましょう。

    家賃 → 口座引き落とし
    税金や保育料など → 口座引き落とし
    食料(宅配・スーパー)→ 特定のカードなし
    SNS・ゲーム・アプリ・サブスク → 特定のカードなし
    外食・衣類 → 特定のカードなし

    提携先がないか考えてみよう

    水道光熱費(電気/ガス/水道)
    自由化に伴い提携できるようになりました。
    例えば電気会社ではソフトバンク電気(通信)/ENEOS電気(交通費)/パルシステム電気(宅配食品)など。オススメは変更する可能性が低いサービスと合わせて利用すること。(例:最寄りのガソリンスタンドは長いお付き合いになりそうだ→ENEOS電気に申し込み、ENEOSのクレカで支払う)

    用途別オススメのクレジットカード

    フリーランスにオススメ

  • 楽天カード(審査が厳しくない)
  • 海外旅行にオススメ

  • 楽天カード
  • リクルートカード(海外旅行保険の期間延長時に)
  • ライフカード(停止しにくい)
  • キャッシュカードも両替の時に便利なようです、詳しくは(manablog)に記載があります。

    国内旅行&海外旅行にオススメ

  • エポスカード(年会費無料/還元率0.5%)
  • 保険に強いようです。海外で病気になった時の疾病治療医療費が270万円だったり、海外旅行前にご利用可能枠を一時的に増減できます。

    車用のオススメのクレジットカード

    いつも利用するガソリンスタンドのクレジットカードにETCを付帯させています。

    キャッシュバックある

    例えば、カード利用で常に2円/ℓ引きなど。

    自動車サポートに特化したサポートが付帯されていることも

    無料でロードサービスが付帯(一部条件あり)やレンタカー10%優待などが付いている場合があります。

    Tポイントも同時につけることができる。

    旅行損害保険が付帯していない。

    ENEOSカード

    ガソリンスタンドのシェアNO.1
    [カードS]年1使えば年会費無料
    [カードP]ポイント還元重視(エネオスで利用時3.0%)
    [カードC]キャッシュバック重視(最大7円/L安くなる)

    出光カード

    ガソリンスタンドのシェアNO.2
    例えば宇佐美のガソリンスタンドは出光クレジットカードです。キャッシュバックだけでなくポイントも貯まります。

    私はこのカードを所有しています

    答え:6枚。

    普段持ち歩くのは、楽天カードとYjカードのみです。
    フリーランスなので家庭用と事業用で分けています。

    家庭に分類

    食料(宅配・スーパー)/衣類/通信 → YJ!カード

    事業用に分類

    外食/サブスク/楽天ショップ → 楽天カード
    本・雑誌・日用品 →amazon mastercardクラシック
    車、電気 → ENEOSカード・出光カード
    旅行用 → エポスカード

    クレカ未使用

    家賃 → 口座引き落とし
    税金や保育料など → 口座引き落とし
    水道 → 口座引き落とし
    ガス → 口座引き落とし

    家庭用と事業用で分ける理由については下記記事をご覧ください。
    フリーランスのお金の管理方法【必要な通帳とクレカの枚数】

    家計簿アプリについてはこちら。
    【月2.5万円貯蓄と15時間時短!】家計簿&事業会計を超楽に。【Money Forward ME】

    以上。
    good Life,good Select.
    時短セレクターの木村 菜乃香でした。

    当ブログでは、新しく生まれるモノやサービスを紹介し皆様の選択するのにかかってしまう時間を時短します。また、手作り商品で生計を立て自由に生活してきたノウハウを発信しています。平日毎日更新しています。