【時短月8.5時間】洗濯物、まだ干してるの?【電気代はわずか月¥750】

スマート家電 衣類

ドレなのか?コレなのか?こんにちは、時短セレクターの木村菜乃香(なのか)です。

洗濯機どれがいいの?乾燥機は電気代がかかるよね?

こういった疑問に答えます。

答え:「洗濯機=乾燥まで全て」が新常識。洗濯乾燥機を利用しましょう

セレクト:パナソニック NA-VX900AL

洗濯乾燥機を使うと月8.5時間の時短ができます。
洗濯~乾燥機の電気代は1ヶ月で¥750です。

「洗濯物は干してとりこむ」のはもう昔話

洗濯乾燥機が進化したからです。

「おばあちゃんは川に洗濯に…。」
洗濯機の登場で川に洗濯に行くのをやめたおばあちゃん。
今は「おばあちゃんはベランダの物干しに…。」
洗濯乾燥機の登場でもう誰も洗濯物を外へ干ません。
そんなレベルです。

しかし、実際はドラム式洗濯乾燥機を所有しているのにも関わらず、ほとんどの人が干しています!!
“電気代がかかる”と思っているのもありますが、「洗濯物は外に干すのが当たり前」という固定概念に支配されているように見えます。

そういう私も1~2年前までは同じでした。「洗濯機=乾燥まで全て」と割り切ったら、なんて楽!もう戻れません。

洗濯乾燥機は進化しました。
最新機種を購入検討する流れでご説明します。

洗濯乾燥機のセレクト

ドラム式

乾燥機能は必須なので、迷う余地なくドラム式が良い。

洗濯機の形は2種類

  • 縦型(乾燥あり・なし)
  • ドラム式(乾燥あり)
  • 価格:ドラム式の方が高価。
    洗濯:ドラム式の温水機能の方がより汚れが落ちる。(縦型は水に浸かっているので汚れが落ちると言われているが)
    乾燥:ドラム式は衣類の傷みや縮みが少ない。乾燥時間もドラム式の方が短く、節水である。(縦型は100度、ドラムは60度と温度に違いがあり)
    サイズ:ドラム式の方が本体サイズが大きい。

    温水機能

    洗濯する水の温度を40度前後に設定すると、皮脂汚れが落ちやすく、洗剤の酵素の動きも活性化。この設定は電気代が高くなるので、白物や気になる服をたまにまとめて行うのがオススメ。(目安20~30円/1回)

    大きさ

    大きいサイズが良い(置くスペースがあるなら)

    目安とされている数字

    1人:〜6kg
    2~3人:~7kg
    4~5人:~9kg
    5人以上:~12kg
    ※1日の1人分の洗濯量は1.5kg(4人で1日6kg)

    注意!いつも乾燥する前提なので乾燥の容量をみましょう。

    つまり、4人家族の場合でも[(洗濯11kg)/乾燥6kg]を選びましょう。
    大は小を兼ねます、大きいものに少なめの洗濯物の場合は乾燥時間が短くなりますので損はありません。

    使用期限と価格

    使用期限は5年と想定

    時給¥643換算、乾燥は機械にやってもらいましょう。

    例:パナソニック(NA-VX900AL)
    洗濯洗剤/柔軟剤の自動投入やスマホ連動の最新機能搭載のNEWモデル。[洗濯11kg/乾燥6kg]¥328,000-(税別)5年の無料保障付。

    ¥328,000-÷5年=¥65,600/1年
    ¥67,600÷12ヶ月=¥5,466/1ヶ月

    干すのにかかる労働時間で時給を換算すると¥5,466÷8.5時間=¥643です。

    電気代

    洗濯~乾燥機の電気代は月¥690ランニングコスト安っ!!

    例:パナソニック(NA-VX900AL)
    洗濯乾燥時間98分。タイマー設定で指定時間に仕上がっているようにすることもできます。人間の労働時間は0分です。
    電気代は洗濯〜乾燥まで1回約¥25(約890Wh)

    ¥25×30日=¥750

    (ちなみに水道代1回約¥14。×30日=¥420。合わせて1回約39円)

    干すのにかかる時間

    洗濯乾燥機を使うと月8.5時間の時間時短ができます。

    洗濯機から洗濯物を取り出す 1分
    干す 11分
    とりこむ 5分

    ※1日17分洗濯に費やしているという統計を参考にしましたが、構成人数やたたむ時間の有無の明記がありませんでした。当記事では洗濯機から取り出して取り込むまでを17分と仮定します。

    17分×30日=510分(8.5時間)

    さらに、天気も気にして、生乾きだったら部屋に干して、乾いてるかどうかを気にして…。
    急な雨で集中している作業を中断したら…。

    デメリット

    • 決断疲れを招く
    • 集中力は削がれ生産性も低下
    • 太陽干は仕上がりがガサガサ。柔軟剤が必要。

    仕上がりも乾燥機はふわふわ。柔軟剤も不要です。

    洗濯機の代表的なメーカーは4社、それぞれの特徴

    パナソニック 乾燥時間が早い(98分)
    日立 風アイロン
    東芝 ウルトラファインバブル
    シャープ デザイン、プラズマクラスター(除菌)、乾燥フィルターの自動掃除

    最新機能:液体洗剤/柔軟剤の自動投入

    詰め替え用の1袋分をセットすれば、毎回の洗剤を計って入れるの手間がかかりません。洗剤をこぼして拭くこともなくなります。

    乾燥時間

    パナソニック/98分、日立/165分、東芝/200分、シャープ/150分

    風アイロン

    300kmの高速風を衣類に吹きかけてシワを伸ばす。(容量を少なく入れていないと効果が出にくい)

    ウルトラファインバブル

    繊維の隙間よりも小さな泡、驚異の洗浄技術で特許を取得しています。

    セレクト:パナソニック NA-VX900AL/R

    理由:乾燥時間が一番早いから。

    答え:「洗濯物は干してとりこむ」のはもう昔話。「洗濯機=乾燥まで全て」が新常識です。

    お子様がいらっしゃる方は、ドラム式洗濯機の事故に注意しましょう。

    good Life, good Select.
    時短セレクター木村菜乃香でした。

    当ブログでは、新しく生まれるモノやサービスを紹介し皆様の選択するのにかかってしまう時間を時短します。また、手作り商品で生計を立てるノウハウ全データ公開しつつ発信しています、ご質問があれば聞いてください。平日毎日更新しています。