レンタルオフィス比較【業界最大手VS業界開拓者】

アウトソーシング(任せる)

こんにちは。時短セレクターの菜乃香です。

オフィスのあり方を見直し、仕事の生産性を高めましょう。
今回は業界最大手のリージャスとサーブコープを比較しました。

servcorp 対 regus

結論:拠点によるがリージャスの方が安い。サービス面はサーブコープが優勢かも。

会社情報比較

レンタルオフィス、バーチャルオフィス、コワーキングスペース、貸し会議室の提供を展開している2社です。

サーブコープリミテッド(servcorp)

歴史が長い。業界の先駆者 !?
創業:1978年、現CEOのアルフ・モーフォレッジによりオーストラリア・シドニーにて。
上場:1999年にオーストラリア証券取引所上場(証券コード:SRV)。
時価総額:$400 000 000 AUD (October 2019)=日本円で約295億7,704万円
拠点:23カ国・54都市・160拠点 (を超える)
日本拠点:25拠点。東京(16)・横浜(1)・大阪(4)・名古屋(2)・福岡(2)の5都市に拠点を展開。
●業務委託せずに本社が日本法人を設立し運営しています。

リージャス(regus)

規模が大きい。世界No.1 !?
創業:1989年、ベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置く。
上場:ロンドン証券取引所に上場しております。(IWG)
時価総額:3,700億円
拠点:世界120カ国・1,100都市・3,300拠点 (を超える) ※会員数は250万人に上ります。
日本拠点:140拠点(を超える)。主要都市はもちろんのこと、札幌から沖縄まで。
●日本全国にあるセンターの運営は、グループ会社であるIWGサービスジャパン株式会社が管理運営を受託しています。
●日本リージャス株式会社は2019年より株式会社ティーケーピーの100%子会社です。

WeWorkについてはこちらをご覧ください。
【お酒が無料!】シェアオフィスWeWork

格安レンタルオフィス/バーチャルオフィスについてはこちらをご覧ください。
【注意】格安バーチャルオフィスに気をつけて!【適正な利用料はいくらか?】

比較結果

圧倒的にリージャスの規模(拠点数)が多いですね!
日本中、世界中を飛び回る人にとっては大きな差です。どちらの会社も、登録拠点はもちろんのこと、他の拠点でのコワーキングスペースが利用できます。
サーブコープは創業者が現在もCEOを務めていたり、業務委託をしていないのが特徴ですね。

バーチャルオフィス利用時の比較

servcorp 対 regus
住所貸し・固定電話転送・郵便物転送が含まれているプランでの比較です。

バーチャルオフィスの内容についてはこちらをご覧ください。
【人件費削減】優秀な人を短時間だけ雇えます

月額の利用料

サーブコープ 日本橋 1年目¥21,000- 以降¥28,000-/月
リージャス 日本橋箱崎 ¥22,900-/月

※拠点によって異なります、比較的安価な拠点で比較しています

特典:個室利用

サーブコープ 3日間無料
リージャス 日本橋箱崎では利用できません 別拠点にてバーチャルオフィス・プラスというプラン(目安:+¥8,000-で月5日間)があります。

電話取次サービス

サーブコープ ¥11,500-/月 電話応対本数
リージャス ¥6,000-/月

サーブコープは「マニュアル通りに電話応対して頂ける」と聞いています。
リージャスは、「マニュアル通りにではあるがあくまでも取次」とのことでした。

秘書サービス(追加料金で業務を手伝っていただく)

サーブコープ 10分¥1,200、月契約あり(3時間¥18,000-)
リージャス 15分単位

例えば「メールに返信してほしい」という要望に対し、
サーブコープは「月契約で毎日メールチェックし、マニュアル通りに返信できます。」と聞いています。
リージャスは「あまり聞いたことがないが、できなくもない」ことでした。

結果

料金比較

リージャスの方が安い

・電話の取次サービスを頼まない場合は、拠点によってはリージャスの方が安い。
・電話の取次サービスを頼むならば差額が大きい。
・個室利用を3日間利用する場合はサーブコープの方が安い。

※価格設定は変動する可能性があります。
※サーブコープは契約中です。リージャスは電話のお問い合わせで聞きました。

サービス比較

秘書サービスに差、サーブコープの方が充実していそう。

2社のプランの作りやホームページの表記の違いから見ても、サーブコープは秘書サービスに力を入れているのではないかということが見受けられます。

リージャス
郵便物転送や電話転送サービスなど各種事務代行サービスなども受けられます。

サーブコープ
バイリンガル秘書やITの業務サポートを必要なときに。

コミュニティの有無、サーブコープは利用者交流するためのコミュニティがあります。

コミュニティに力を入れているといえばWeWorkですが、月額の利用料が高価です。
利用料対価としてコミュニティが存在するのであれば、サーブコープの利用者交流は大きなサービスであると言えます。

内容

信頼性の高いグローバル企業リスト。世界中で利用可能なサービス、企業、メンバー、イベント及びグループを検索できます。世界中につながる内線番号を利用して他のサーブコープ利用者に電話することも可能です。
世界中のサーブコープのイベント、グループ、リソースへのアクセスがあるため、知識を深め、幅広く最新の情報を得ることができます。他のメンバー、サーブコープや提携会社からのオファーを見つけましょう!
信頼できるグローバルコミュニティをビジネス成長のツールとして活用。企業リストに登録し、世界23ヶ国の60,000以上のビジネスや顧客とつながることができます。

WeWorkについてはこちらをご覧ください。
【お酒が無料!】シェアオフィスWeWork

servcorp 対 regus

結論:拠点によるがリージャスの方が安い。サービス面はサーブコープが優勢かも。

でした。

どちらを選択するか=どちらが仕事の生産性を高めるか。だと思います。
私はサーブコープを選びました。