【お酒が無料!】シェアオフィスWeWork

アウトソーシング(任せる)

こんにちは。時短セレクターの木村菜乃香です。

最近バーチャルオフィスを借りることにしました。
シェアオフィスで話題になっているWeWorkについて調べました。

WeWorkはどんなオフィスなのか?

答え:イベントの参加と開催、お酒も無料、コミュニティ型シェアオフィス。
フリーランスが集中して仕事をする為のオフィス利用はしない方が吉。

WeWorkがどうして話題になっているのか?

WeWorkの親会社「We Company(ウィーカンパニー)」は市場から高い評価を受けていて”ユニコーン企業”と呼ばれていました。2017年にソフトバンクが出資して以来、日本での展開も加速度的に活発化しています。
 2019年8月14日WeCompanyはIPO(未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること)を申請しました。時価総額4兆~5兆ともいわれていました。それはamazonの上場の時よりも高い評価です。
 しかし疑惑が持ち上がり、IPOの延期が発表され、市場予想の半分程度となる200億ドル(約2兆1千億円)程度にとどまる見通しに。にも関わらず、ソフトバンクグループの孫正義会長は15億ドル追加出資しWeWorkの最大出資者となったのです。

「時価総額が水増しされていたんじゃないか?」
「実際の時価総額はどのぐらいなのか?」
「なぜソフトバンクグループは追加出資を行なったのか?」
「ソフトバンクグループの経営は大丈夫なのだろうか?」
…等が話題になっています。

「〇〇オフィス」の違いをまとめてみました。

WeWorkはどんなオフィスなのか?を説明するにあたり、「〇〇オフィス」の違いを理解しておくといいしれません。

シェアオフィス 複数名が同じフロアで仕事をする(コワーキングスペース)。
広い共有スペースにあるデスクを空いてる順番に使用(ホットデスク)、
または専用デスクを使用したりすることができます。
レンタルオフィス 個室。通常の貸事務所とほぼ同等の機能を持っています。
プライベートオフィス 貴社専用の独立したスペース。1〜100人規模のチームに最適です。
サテライトオフィス 企業または団体の本拠から離れた所に設置されたオフィスのこと。
遠隔勤務するための通信設備などを備えたオフィスです。
バーチャルオフィス 業務スペースを構えることなく、
事業を始める際に必要な住所・電話番号などを借りることができます。

WeWorkはシェアオフィス、レンタルオフィス、プライベートオフィスの事業を行なっています。

代表的なレンタルオフィス

レンタルオフィス、バーチャルオフィス、コワーキングスペース、貸し会議室の提供を展開している2社です。

サーブコープリミテッド

歴史が長い。業界の先駆者 !?
創業:1978年、現CEOのアルフ・モーフォレッジによりオーストラリア・シドニーにて。
上場:1999年にオーストラリア証券取引所上場(証券コード:SRV)。
時価総額:$400 000 000 AUD (October 2019)
拠点:23カ国・54都市・160拠点 (を超える)
●業務委託せずに本社が日本法人を設立し運営しています。

リージャス

規模が大きい。世界No.1 !?
創業:1989年、ベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置く。
上場:ロンドン証券取引所に上場しております。(IWG)
時価総額:3,700億円
拠点:世界120カ国・1,100都市・3,300拠点 (を超える) ※会員数は250万人に上ります。
●日本リージャス株式会社は2019年より株式会社ティーケーピーの100%子会社です。

バーチャルオフィスのメリットについてこちら。
【人件費削減】優秀な人を短時間だけ雇えます

バーチャルオフィス利用での2社比較はこちら。
レンタルオフィス比較【業界最大手VS業界開拓者】

WeWorkはどんなオフィスなのか?

WeWork

急成長のユニコーン企業
創業:2010​年。アメリカ(本社はニューヨーク)
上場:2019年10月以降に延期
時価総額:
拠点:世界37カ国・123都市・600拠点 (を超える) ※会員数は2019年の第2四半期終了時点で52万人に上ります。

コミュニティ型

・拠点ごとにコミュニティマネージャーがいる。
・拠点ごとに週に平均3〜4回イベントの開催。参加費も開催費も無料。
・WeWorkの会員のみが使えるSNS(アプリ)がある。
・新しく入る企業や個人のアナウンスなどを室内のデジタルサイネージで行われる。

ユニークなサービス

・こだわりの内観デザイン、おしゃれな空間。
・ペットの同伴ができる。
・ビールを無料で提供。(平日15時〜21時)
・会議室の中には卓球台を机にしているスペースもある。
・ウェルネスルーム(静かな部屋)がある。
・コワーキングスペースでは音楽が流れている。

バーチャルオフィス形態は行なっていない

個室または専用デスクの契約では、
・住所貸しと郵便物転送サービスはあります。
・専用固定電話番号の発行はありません。
・業務を手伝っていただくサービスはありません。

月額の利用料

個室 京橋 1名につき140,000-前後
専用デスク 京橋 ¥122,000-
ホットデスク 京橋 ¥80,000-

WeWorkの特色まとめ

レンタルオフィスとしては利点を感じない。
コワーキングスペースをオフィスとして利用するのは、音楽や会話等が騒がしすぎて論外だと思う。
入居者はオフィスの利用目的ではなく、イベント目的だと推測します。
イベントの開催費が無料という点が大きな魅力だと思います。参加費も無料です。
例えば、私が各所でセミナーを開催している業態ならばWeWorkを選びます。
開催費が無料というだけでなく、コミュティを求めている人を集客できるからです。
多くの人に自分の事業を宣伝して協力者を募りたい場合やたくさんお酒を飲む人にはメリットがあるかもしれませんね。

大きな企業がプライベートオフィスとして利用をする利点はありそうです。
大企業目線ではないので深掘りしません。

WeWorkはどんなオフィスなのか?

答え:イベントの参加と開催、お酒も無料、コミュニティ型シェアオフィス。

でした。